徐々に机上の空論

Its all in my head. So I dive in my head, and try to keep on subscribing.

ドラクエプレイつぶやき0902

怪鳥の幽谷にて玉と新聞をクリア。やたらと倒した敵の乗り物に乗る機会が多く、なんとなく楽しい。

気がつげば6つ目のオーブを目指し極寒の地に。

まほうのカギがあるので話が進むぜ。

人魚に続いてシリアスな感じ!?と思ったら案外丸くおさまったもよう。

 

そして、始祖の森ですよ… あとはオーブを持って、天空の祭壇に行き、オーブを捧げれば

光の道が紡がれ生命の樹まで伸びていく!!!

そして中には気に守られていたあの聖剣が!

ユグドラシル、選定の剣ときてノリノリのところすまないが、後ろから黒幕が登場だ。刻印を剥ぎ取られ、聖剣は魔剣に改造され、樹は枯れはて、天空から落ちていった。大きな爆発が国土を包み、空は厚い雲に覆われ昼と夜が無くなった。

 

王道の組み合わせで上げて落として気づいたら1人で海の中だよまじで凹むわ。

みんな無事でいてくれよ!!

ドラクエプレイつぶやき0901

カミュイケメンすぎやろ…

悪魔の子ってニュースになった事件思い出してうぅとなる

 

色玉たちはだいぶ手元にあり次は雪山だ

難を逃れたのが女王と聞けば謀反を疑うのが性分…まだわからんが外国の救援部隊ね…国が残ってるのはどこでしたっけね…

あちし見ちゃったんだよねー雪原の凍った湖の底、見るからに神〜って感じのが凍りづけなの。お城が解けたらあれも出てくるのかな〜〜

夜中の空腹感

寝る前に食べるのは一般には良くないことらしい。知らぬ存ぜぬ

空虚なスキマが埋まらないと睡眠のハードル上がってしまいますでしょ?

f:id:sgr2100:20170628015812j:image

カロメはフルーツ味が断然好き。飽きないようにメイプルを挟む。

 

ところで、軽い運動も血糖値を上げ空腹感が減ると聞く。真偽はともかく少しくらい運動してもバチは当たるまい。

そこで、奈々さんのgif動画みたいな体操(詳しくは上坂すみれのヤバい○○参照)を行いインスタントな懺悔とした。脚の節という節がパキャパキャと音を立てmoudameda.

 

f:id:sgr2100:20170628020435j:image

そうそう、空虚と言えばオランジーナの無色透明版飲みました。完成度は高いと思います。ただどこかうつろな味わいです

最近ですといろはす塩レモン味が好み。塩入ってるし。

 

夜はこんなに静かで穏やかなのに、誰だよ寝ろとか言うやつー

食生活を振り返るが見直しようがないから映画を振り返る

f:id:sgr2100:20170628010001j:image

映画の後はエネルギーの補充が必須だ。

キングアーサーと山田孝之3Dを鑑賞した直後だった。

肉とビールと山田孝之の存在感。

少しの影響を受けて電波になったかも知らん。f:id:sgr2100:20170628010238j:image f:id:sgr2100:20170628010353j:image

見よこの広告。まさに宇宙猫である。

日本語以外の方法でコンタクトを取ってくる山田孝之に、なすすべなく傾聴しどこか目が離せない。

電子ドラッグの類かも知らぬ。

最高。、

部屋が散らかる原因たち

最終的には自分のせい。

なぜなら部屋にあるものを持ってきたのは自分だから。自明すぎる。

 

f:id:sgr2100:20170626002216j:image

しょっぱな声優雑誌である。読みたい見たい売り上げに協力したい。

そこまてまは出来る。じゃあこの後雑誌たちはどうなれば良いのか…?

管理できないならいつかは別れなければならぬ。

 

f:id:sgr2100:20170626002431j:image

アクリルスタンドの台座。これいつ捨てたら良いの?もう捨てます。

毎度この悩みとぶつかるのでアクリルスタンドを買う時はもうちょっと考えるようにします。

 

f:id:sgr2100:20170626002604j:image

ダッフィーとジェラトーニフレーバーテキスト。捨てにくい!造りが細かいものをポイと捨てる勇気がない。こんなに綺麗に用意してくれてるのに…

せめて本体は愛でますからお許しを。

 

f:id:sgr2100:20170626002821j:image

カフスボタンが入っていた箱。しっかりした箱って捨てるのに躊躇しません?しませんかそうですか。まあ捨てるんですけど

 

実の所、捨てる行為にほとんど躊躇いはなく、さっさと終わってしまう。ただ、また何かで散らかしていく。

捨てるものの記録で購買活動を見直せたら良いのだが。はてさて