徐々に机上の空論

Its all in my head. So I dive in my head, and try to keep on subscribing.

C83 our loveful days - I've Sound Fan Book - 委託頒布のお知らせ

our loveful days - I've Sound Fan Book -とは


I've soundファン37人によるファンブック、合同誌です。
小白水 恋さん(風ノ吹ク空〜little slow step〜)の呼びかけでこれだけ集まりました!
私もこの度参加させていただきました、ありがとうございます。

Place

コミックマーケット83で委託頒布します。
上記のサークルの方、スペースを割いていただいてありがとうございます。

参加曲 Lamentの簡単な紹介

  • 作詞:KOTOKO
  • 作曲・編曲:高瀬一矢
  • 収録先
    • LAMENT(I've Girls Compilation No.4)
    • 羽〜hane〜(KOTOKO 1st Album)
こんな感じです。

云々

 今回、この企画がきっかけで初めて小説なるものに挑戦しました。実際に初めて書いたのがLamentです。療養中で暇だとかタイミングが良かった?おかげもあり、今回の参加となりました。文章を書くのはとても楽しいな、と思えたのは収穫だったと思います。以前にも作詞はしたことがあったのですが、文章と歌詞だとまた趣も脳の使う場所も違うんですね。同じ日本語なのになー。
 ところで、実は参加するにあたって当初不安がありまして。いわゆる”締め切り”のことです。参加したくて、でも締め切りまでに何もひねり出せず脱稿となってしまったらと。そのため、参加表明前に初稿を書いてしまいました。参加したい、しようと決めた日のうちに一気に(時間だけはあったので)。それで、ああ、これはなんとかイケる!と思えました。実際に提出したものとは中身全然違いますけれど……。冬コミの頃に覚えていたらそっと記事に貼っておきますので、読み比べてどちらの方がよりLamentしてるかとかみてくれたら楽しみが増えるかもしれないです。
 とまあ、自分のことは自分しか書けないのでここまで自分のお話でした。

結び

 本当は色々細かく書けたらと思うけれど、それで詰まってタイミングを逃したくないのでシンプルに締めて告知とさせていただきます。

れんちーありがとう!
みんなありがとう!
I'veサイコー!